本因坊秀策囲碁まつり 蘇九段が賞金百万 高校生9人が運営協力

本因坊秀策杯

プロアマ各6人で争う本因坊秀策杯は蘇耀国(そようこく)九段(日本棋院)=写真右=が優勝し、賞金100万円を手にした。準優勝30万円は中野寛也九段(同)。

第67回本因坊秀策囲碁まつり(尾道市囲碁のまちづくり推進協議会主催)が11・12日、因島市民会館などで行なわれ、およそ600人が参加した。

決勝は蘇九段が中野九段を中押しで下した。

アマ出場者は、福井盛人(因島)▽神宮司直輝(京都府亀岡市)▽小野拓馬(吹田市)▽徳弘晴彦(生駒市)▽湯浅英之(東京都)▽服部清彦(大阪市)▽吉松昭三(福山市)▽福岡健二(三原市)。惜しくも全員が初戦で敗退した。

因島高校生が手伝い

来年8月の第40回全国高等学校総合文化祭が広島県で開催され、囲碁部門がびんご運動公園である。そのホスト校が因島高校に決まっている。その大役を果たすために因島高生9人が、秀策囲碁まつりの運営に参加した。

クラス別戦には237人が出場した。

【尾道棋聖】

  1. 伊瀬英介(東京都)
  2. 深美修一(豊中市)
  3. 峯松昌彦(尾道市)

【6段以上】

  1. 魚返真史(高松市)
  2. 望月義仁(広島市)
  3. 山本逸夫(同)

【5段】

  1. 佐藤昌弘(尾道市・囲碁のまちづくり推進協議会会長)
  2. 桝田哲夫(三原市)
  3. 田頭晏広(尾道市)

【4段】

  1. 松冨功(倉敷市)
  2. 岸田一男(尾道市)
  3. 柏原弘(同)

【3段】

  1. 安保浩吉(尾道市)
  2. 村上友康(同)
  3. 村上昇(同)

【2段】

  1. 井上利之(福山市)
  2. 川西栄(東広島市)
  3. 杉野原克利(尾道市)

【初段】

  1. 田中光行(倉敷市)
  2. 石田昭二(福山市)
  3. 上岡正吉(尾道市)

【級位】

  1. 福島太郎(尾道市)
  2. 村上伸人(同)
  3. 浦部信義(竹原市)

 

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00