デーケン上智大名誉教授「よき生と死」を講義 島内外の200人出席

 第13回因島自由大学(大出俊幸学長)が14日、因島土生町の芸予文化情報センターで開かれ、島内外から200人が出席した。今回の講師はアルフォンス・デーケン上智大名誉教授で、「よく生き、よく笑い、よき死と出会う」をテーマに講義を行なった。
dc061524.jpg


 同名誉教授は、大学で「死の哲学」などを講義し、生と死をみつめてきたカトリック司祭である。講義の最後を、ユーモアは愛と思いやりの表れであるとして「最後までユーモアを持ちつづけているなら、よき死よき生に出会える」と結んだ。
 会場には、東京、千葉、兵庫などからやってきた聴講生もいた。またデーケンさんと縁のある人も駆けつけてきた。
 因島在住の男性は、自分の息子の結婚式を司祭にとり行なってもらったと語るさらに上智大在学時に講義を受けた地元の若者もやってきた。また上智大を卒業した女性も聴講した。
 大出俊幸学長は因島重井町出身。田熊中教諭時代の教え子らが中心になって自由大学を支えてきた。「教師時代の想いをみんなが受け継いでくれてうれしい」と感慨ぶかげに会場に向かって語りかけた。
dc061504.jpg dc061546.jpg
dc061536.jpg dc061537.jpg dc061551.jpg
左からアルフォンス教授、司会の女性、大出俊幸因島自由大学学長。
dc061501.jpg
「サインしましょうか?」と著書の購入者に声をかけるアルフォンス教授。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282