地元移管の県立瀬戸田病院 区長会が尾道市直営求める

 県が2009年4月を目標に地元移管の方針を示している県立瀬戸田病院(尾道市瀬戸田町中野)について、瀬戸田区長会(杉原正也会長)は16日、尾道市直営の医療機関として運営するよう、平谷祐宏尾道市長と井上文伸尾道市議会議長に要望書を手渡した。


 要望書は、「瀬戸田地域には入院治療できる医療機関も少なく、高齢者の多い瀬戸田地域住民にとって特に切実な問題だ」と訴えている。
 2007年に県の公募に応じた医療法人が、採算ベースが合わないことを理由に辞退した。現在、県と市の協議はつづいている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282