日立造船に学徒動員 山下松栄さんに聞く(前)

勤勞課待避壕勤勞奉仕

写真には「勤勞課待避壕勤勞奉仕・昭和19年12月8日」と記されている。

土生高等女学校(現在の因島高校)の3年生の時、日立造船因島工場に学徒動員され、7月28日の大空襲を体験した山下松栄さん(89)に話を聞いた。山下さんは因島田熊町在住。

土生町に生まれ、土生小学校に通学。当時は三庄町に住み土生工場の労務課の事務に就いていた。徴用工、学徒動員、朝鮮人徴用工、英軍捕虜の出勤調査をしていた。

写真にあるように労務課全員で防空壕を掘った。空襲当日は、本館事務所にいた。

空襲警報ではなく警戒警報だったので、まだ安心していたところ、生名島方面から低空でグラマンからの機銃掃射をバリバリバリと受けた。慌てて自分たちが掘った防空壕に飛び込んだ。

高射砲で撃ち合ったSB艇(上陸用舟艇)に乗っていた人たちが大分亡くなった。明日出航という日寅丸が炎上するのを目撃した。

上司から遺体が運ばれた近くの善行寺に行って記録をしなさいと言われたけど、うろたえていてできなかった。

(つづく)

学徒動員

大戦での日本の敗色が濃くなるなか昭和18年(一九四三)6月には学徒戦時動員体制が敷かれた。大学などの学生は戦場へ、国民学校高等科、旧制中学校、女学校の生徒は軍需工場へ動員された。

土生高等女学校の生徒は土生の日立造船因島工場、三庄分工場、田熊の占部造船所に動員された。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282