因島サティの撤退通告 土生商店街のツバメが減った?

造船の活況で、なんとなくあわただしい因島。かつて賑わった土生商店街は歯が抜けたように空地が駐車場になり、島のシンボルだった日立会館の跡地は広場になったまま。追い打ちをかけたのがマイカル・サティの撤退通告。かけ声ばかりの市街地商店街の活性化対策にも先が見えてこない。

芸予諸島の中核都市の責任を担っていたはずの因島。合併に失敗して尾道市に吸収してもらったのだから元気がない。気のせいか近年、町中でツバメの子育てをする風景が減ってきたように思える。

ツバメは元来、人の出入りが多い建物しか巣を作らない。卵を狙うカラスやヘビが近づかないからだ。ところが最近になって人間が出すゴミにカラスが集まり、軒下のツバメや巣の中の子供まで襲うようになった。人がいる気配を頼りに安心して子育てを励むツバメにとっては災難である。

早起きする家に福を運んでくると歓迎された鳥である。親愛の情にこたえる懐の深さまで欠けてきたご時勢になったのだろうか。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282