消えた因島のアサリ 里海(さとうみ)再生は始まる

因島周辺の浜辺からアサリの姿が消えた。水ぬるむ3月から5月のゴールデンウィークにかけての大汐の干潮時には砂浜や沖の洲で潮干狩りを愉しむ風景が見られたが、いつの日か遠い昔の残映としてなごりをとどめるようになった。

行政や漁協が幾度となく稚貝を放流して増殖に挑戦したが成果がない。あきらめかかったところへ福山大学生命工学部海洋生物科学科の教授が「このままではくやしいではないか」と、因島漁協、稚貝放流海域の大浜町民の協力を呼びかけ昨年5月に漁協から提供されたアサリの稚貝27万個(約0.9トン)を放流。禁漁期間を設け8月に解禁した。

同大学生の卒業研究テーマにもなり産学官民のプロジェクトチームができ上がったが、一度絶滅に瀕した動植物を再生させるには長い年月が必要だ。今年はアサリが産卵する3月ごろの生態の調査を計画したが稚貝の高値で見送り。5月中には放流、二汐(4週間)すればかなり成長するが「里海(さとうみ)」再生は始まったばかりである。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00