村上幸史選手(生名出身)アテネ五輪やり投げ出場

愛媛県生名村出身の村上幸史選手(24歳、スズキ)=写真=が、アテネ五輪やり投げに出場する。この競技では3大会ぶりの出場で期待が集まっている。21日成田を出発し、26日の予選、28日の決勝にのぞむ。「夢であった、世界の強豪とともにたたかえるチャンスを手中にできた。納得できる試合をしたい」と抱負を語る。

murakamiyukifumi.jpg

同選手は、小、中学校とも野球の選手。因島市少年野球連盟の生名ロッキーズ生名中野球部とも投手。中学校時代に優れた身体能力を見いだされ、投てき部門の名門校である今治明徳高校に進学。メキメキ頭角をあらわし、日本大学を経て自動車のスズキに勤務。

2002年アジア釜山大会と翌年のアジア選手権でともに2位。日本選手権やり投げで5連覇中。自己ベストは、日本歴代3位の81メートル71。

高まる応援の声

地元生名村では7月31日村上選手を迎えて壮行会があり、役場と中学校に垂れ幕と横断幕が出された。

dc0819113.jpg

村上選手の父親照男さん=写真=(54歳)が勤務する、因島市重井町の環境機械を製造する因島機械株式会社(村上徳明社長)にも五輪出場を祝う2本の垂れ幕が出され、会社をあげた応援ムード。村上照男さんは、「皆さんのおかげです。息子の五輪出場が地域の活性化に役立ち、子どもたちの目標になってくれればうれしい」と語る。

dc0819115.jpg

やり投げ決勝テレビ放映予定。28日(土)午後10時、深夜3時30分、TBS系、BS-i。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282