耳慣れない尾道市議増員選挙

尾道市議増員選挙という耳慣れない選挙が始まった。「昨年4月に市議選は終ったばかりなのに」と首をかしげる市民も少なくない。

旧因島市と瀬戸田町が尾道市へ編入合併したことで、両市・町が無くなり、市議・町議はいなくなった。そこで、来年4月改選の尾道市議選までの政治的空間を埋めるため旧市・町を選挙区とした臨時的要素を含む増員選挙が実施されるわけ

 従って増員選当選後の任期は約1年とちょっと。立候補者は「尾道合併後のこの1年が新市建設計画の実施で最も大切な時期である」と、トーンを上げるが、地域振興委員(月額報酬20万円)問題などが絡んでそらそらぞらしい。

橋の通行料金値下げ問題にしても、島の住民の移動による商工業に与える影響は一様でない。あちらを立てれば、こちらが立たずという面が多い。橋代値下げをヒステリックに叫ぶだけでなく海陸両方面に目を向ける発想も必要だ。

福祉教育面においても全国マニュアルにとらわれず島の特性に目を向けるべきだろう

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282