尾道に映画館をつくる会「長い散歩」を上映 奥田瑛二監督が登壇

 旧尾道松竹を改装し映画館を再建する活動をつづけるNPO法人シネマ尾道(尾道に映画館をつくる会)は3月16日(日)、テアトロシェルネ(JR尾道駅前しまなみ交流館)で、第15回上映会を開催する。


 またこの日、午後の上映後、同作品の奥田瑛二監督が登壇しトークショーを行う。上映時間は、

  1. 午前10時30分から午後12時50分
  2. 午後1時30分から午後3時50分。

 料金は、前売り1000円、当日1500円。チケット販売は、啓文社各店舗坂井文具店(因島田熊町)全国のローソン(Lコード67641)。
【問い合わせ】TEL090・3630・9282(北村)。
 映画「長い散歩」は、奥田瑛二さんの監督3作目の作品で、モントリオール世界映画祭でグランプリを獲得している。
 定年まで高校の校長を務めた松太郎は、家庭を顧みなかった過去の自分を後悔しながら、安アパートでひっそりと暮らし始めるが、隣室の女が幼い娘を虐待していることに気がつき、ある日ついに惨状を見かね、少女をアパートから連れ出してしまう。旅に出た二人の間に、少しずつ生まれていく絆。しかし世間は”誘拐”とみなした。
下関市で映画館存続活動を開始
 尾道と奥田瑛二監督は「映画館」で絆が結ばれている。下関市で4作目の「風の外側」をオールロケでつくりあげた縁で同監督は、下関唯一の映画館「下関スカラ座」の存続に立ち上がった。
 監督あてに、尾道で映画館をつくる活動をつづけるNPO法人「シネマ尾道」から手紙が届いた。
 なお、同法人はこのほど、JR尾道駅前で今春オープンする予定だった映画館の開館延期を決めた。元日の倉庫火災で映写機など機材を焼失したり、想定外の改装工事費がかさむことなどが理由とされている。それを受けての今回の上映会で、市民の反響、同法人の今後の活動が注目される。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282