29日朝の雪 恵方巻

 1月もあとわずかになった29日朝、因島の大山トンネルを出ると因北は一面雪化粧。雪道に慣れていないマイカー通勤族はひやひや運転。因南と因北では2度の温度差があるといわれるが、幸い路面の凍結はなく雪による交通事故ニュースはなかった。


 1月はいぬる。2月はにげる。3月はさる―と古くからいい伝えられる。光陰(歳月)人を待たず、矢の如し、と賢人は若者を戒める。西洋では、冬来たりなば春遠からじ―と希望を与えてくれる。東洋思想と西欧の違いと受けとめてもいいのではなかろうか。
 3日は節分。今年はたまたま日曜日に当たる。神社仏閣では園児や巫女、稚児、年男の芸能人・スポーツ選手を招いて豆まきを行なうなどイベント化してきた。その一方で、豆まきよりも恵方巻といって太巻き寿司がローソン、ファミリーマート、サークルKなどコンビニを通じ国民的習俗へと成長しつつあるという。
 江戸末期から明治にかけて大阪・船場で商売繁盛の祈願事で始まったのが恵方巻の起源らしい。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282