新尾道市議会へ8人決まる トップ当選は 岡野長寿氏(共産)投票率過去最低の74% 因北勢全員当選

増員市議選挙最終結果(5日午後11時19分 , 【】内の数字は通算当選回数)

  1. 1646.127票 岡野 長寿 48歳共現【4期目当選】因島田熊町
    岡野長寿
  2. 1574票 田頭 弘美 65歳無現【5期目当選】因島中庄町
    田頭弘美
  3. 1487.761票 村上 泰通 62歳無現【4期目当選】因島重井町
    村上泰通
  4. 1465票 吉田 尚徳 65歳自現【4期目当選】因島外浦町
    吉田尚徳
  5. 1402票 巻幡 伸一 59歳無現【7期目当選】因島中庄町
    巻幡伸一
  6. 1274.365票 村上 弘二 58歳無現【4期目当選】因島田熊町
    村上弘二
  7. 1195票 金山 吉隆 57歳無現【4期目当選】因島土生町
    金山吉隆
  8. 1155票 楠見 公史 69歳無現【3期目当選】因島三庄町
    楠見公史

▽次点

  • 1145.872票 岡野 孝志 60歳無現【2期】因島田熊町
  • 1064票 宮地 寛行 31歳無現【1期】因島土生町
  • 1008.872票 村上 光 56歳自現【2期】因島土生町
  • 0997票 長田 丕 60歳無現【4期目】因島洲江町
  • 0983票 山田 信昭 48歳無新 因島原町
  • 0859票 毛利 明夫 57歳無現【5期】因島三庄町

尾道市への編入合併に伴う尾道市議増員選挙(因島選挙区)は、5日午前7時から19投票所で投票が開始され、午後9時から土生小屋内運動場で開票、午後11時19分に当落が判明した。投票総数は1万7346無効投票数139で投票率は74.23%と低調であった。

現職13新人1で8当6落の激戦。親戚・知人を頼る旧来型の手法と、労組や政党など強固な基盤を持つ候補者が当選者を占めた。トップ当選は岡野長寿氏(田熊)。それに田頭弘美氏(中庄)、村上泰通氏(重井)、吉田尚徳氏(外浦)、巻幡伸一氏(中庄)、村上弘二氏(田熊)、金山吉隆氏(土生)、楠見公史氏(三庄)とつづいた。岡野孝志氏(田熊)は次点に終わり、新人山田信昭氏(原)は及ばなかった。

今回の尾道市議増員選挙は、旧因島市会議員から新尾道市会議員への生き残りをかけたサバイバル選挙の第2ランドであった。昨年4月に22人が20人に絞られ、さらに今回、20人のうち8人が勝ち抜いた。

しかし、任期は1年余りで来年4月統一地方選の尾道市議改選が待ち受けている。今回の選挙で新尾道市議員数は因島選挙区8人と瀬戸田選挙区3人の計11人が加わり45人に膨れ上がった。

尾道市の現条例では、定員は34人、単一選挙区。条例の改正がないかぎり45人の議員が34人に選び直されることになる。かつて経験したことのない激しい選挙戦になると予想される。

したがって今回の増員選挙は、ゴールではなく来年4月の改選議席確保のための挑戦権をかけた選挙でもあった。当選者にとっては来年4月をにらみながらの新尾道市議としての活動となる。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282