希望とはささやかなもの手の中に包みて埋むる緋のチューリップ

池本 滝子
 希望とは「あることの実現をのぞみ願うこと」とされる。作者は自身の希望を「手の中に包みて埋むる」と詠み、物として「緋のチューリップ」とされている。 つまり作者の希望は、財物でなく、ひそかな想いかもしれない。しかも「埋むる」とあり手の中に包んだ理想は「人目にかけない」とさわやかである。


 それでは「手の中に包みて」に軸足をおいて詩的想像の世界を覗きましょう。「手の中に包みて」が何故さわやかであるか。それは作者に邪念がないからで、おおよその歌人はそうだ。さて、邪念のなさは天使に極まるだろう。そこで詩人に登場をねがう。

わたしにはみえないものを
てんしがみてくれる
わたしにはさわれないところに
てんしはさわってくれる
わたしのこころにごみがたまっている
でもそこにもてんしがかくれてる
つばさをたたんで…略…(谷川俊太郎)

 作者が手の中に包んだものは、作者にも見えない。見るとすれば天使だけ。天使なら「緋のチューリップ」さえ見ることはできる。作者も天使になら見せてもよいと思っておいでのようだ。
 短歌を作る人も、読むだけの人も、短歌に近付く瞬間に童心を取り戻す。短歌のリズムはそういった不思議を秘め、不思議とは

  1. 誰の心にも「緋のチューリップ」を咲かせる
  2. 誰の心にも「童心」を蘇えらせる
  3. 誰の天使をも目覚めさせる ことだ。

 爽やかな作者にならい、一人ひとりが「手の中に包む」ささやかな花をもち、その素朴な願いを華として、

  1. 散華した先輩達
  2. 現代の若者達に見せたいものである。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00