思い出の写真が綴る「一福屋食堂」ロケ現場 よみがえる渥美清さん

フーテンの寅さんのロケ現場写真が残っていた。映画「男はつらいよ」―口笛を吹く寅次郎(山田洋次監督)のロケが因島大浜町、現在のしまなみビーチにある、おでん屋「一福屋食堂」であったのは、因島大橋渡り初めが行われた、今から24年前の昭和58年11月20日のことであった。


昔日の寅さんと一福屋食堂の酒井福枝さん

食堂経営者の酒井福枝さんの長男・節(みさお)さんは、ロケ中の風景を写真に収め、大切に保管していた。懐かしい寅さん役の渥美清さんや、熊さん役のレオナルド熊さんが蘇ってくる。あき竹城さんも若々しい。

200711220010.jpg
おでん屋で撮影待ちをするレオナルド熊さん

食堂の壁にはロケ以来、渥美さんと酒井福枝さんの2ショットなど思い出の写真が額に入れて飾られていた。それを見るたびに当時の話に花が咲いた。
映画では、傷心の寅次郎が、大浜町のフェリー桟橋近くの一福屋食堂にやってくる。食事を終え、女将に軽口をたたきながら勘定を済ませ、外に出たところでレオナルド熊の扮する熊さんにバッタリ再会。因島大橋工事現場で働いている。近くには再婚相手のあき竹城が笑っている。

200711220003.jpg
熊さんの再婚相手役のあき竹城さん

福枝さん自身もセリフ入りで出演している。どのシーンで登場するか、見てからのお楽しみである。渥美さんとは会話を交わし、写真をたくさん撮らせてもらった。レオナルド熊さんやあき竹城さんからは、サイン入りの色紙をもらったという。

松竹の撮影隊は山田洋次監督をはじめおよそ20人。撮影は5時間くらいかかった。聞きつけたファンが大勢見学にやってきたと言うから、当時のことを覚えている人も多いだろう。

因島での第一回「出前上映会」にこの作品を選んだのは正解だったようだ。12月9日の上映会が近づくにつれて、反響が広がり始めている。


大浜の海岸で出番を待つ渥美清さん

関連記事
NPOシネマ尾道 因島で出前上映会 12月9日土生町 中央駐車場多目的ホール

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00

2 thoughts on “思い出の写真が綴る「一福屋食堂」ロケ現場 よみがえる渥美清さん

  1. 因島へ映画の出前です

    今朝の中国新聞に載ってました。
    同級生がスタッフに居て、大変そうなのを横目で見とりますが(笑)、いつもワシが必ず行けない日程なんで、来たるべき「いつか」ま…

  2. 男はつらいよ口笛を吹く寅次郎の撮影があった因島大浜町おでん屋「一福屋食堂」で懐かしいおでん

    夕方の散歩がてら、因島大浜町のおでん屋「一福屋食堂」で晩飯を食べました。
    24年前「一福屋食堂」でロケがおこなわれた映画「男はつらいよ〓口…

この投稿はコメントできません。