「男はつらいよ」昭和58年の因島ロケ しまなみビーチの一福屋食堂・酒井福枝さん思い出語る

「本番でセリフを言ってくれと言われたのにはまいった」と、当時を振り返る一福屋食堂の酒井福枝さん(78)。山田洋次監督自身にセリフが書かれた紙をわたされ、突然言われた。

一福屋食堂の酒井福枝さん

シーンは、酒井さんが、客の寅次郎に酒を差し出し話かけるところ。因島弁がでなくて標準語になってしまったと苦笑する。6・7回も撮り直しがあった。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 映画では、傷心の寅次郎が、大浜町のフェリー桟橋近くの「おでん屋」一福屋食堂にやってくる。食事を終え、女将に軽口をたたきながら勘定を済ませ、外に出たところでレオナルド熊の扮する熊さんにバッタリ再会。因島大橋工事現場で働いている。近くには再婚相手のあき竹城が笑っている。

このロケは、昭和58年11月20日の因島大橋渡り初めの日にあった。当時、松竹の申し入れに驚いた酒井さんは、「本当にえーんね」と聞き返した。「監督が、ここが良いと決めたんです」との返事。岡山の瀬戸大橋の現場にも行ったが、気に入らなかったという。

ロケ・ハンティングのために向島町の津部田にやってきた山田監督が、真向かいに見えるしまなみビーチ一帯がひと目で気に入った。

寅次郎役の渥美清さんの印象が忘れられない。最初は気難しい雰囲気に見えたが、撮影後、「フェリーがなくなったら商売あがったりで困るねー」と気軽に声をかけ、スタッフには「このおでん、食べてみてごらんよ。他所ではたべられないよ」と、すすめた。

渥美さんの一周忌に、テレビ朝日のワイドショー「スクランブル」の追悼特集の取材班がやってきた。やはり他の撮影地より因島が良いと言っていたという。

関連記事
NPOシネマ尾道 因島で出前上映会 12月9日土生町 中央駐車場多目的ホール

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282