「男はつらいよ」昭和58年の因島ロケ しまなみビーチの一福屋食堂・酒井福枝さん思い出語る

「本番でセリフを言ってくれと言われたのにはまいった」と、当時を振り返る一福屋食堂の酒井福枝さん(78)。山田洋次監督自身にセリフが書かれた紙をわたされ、突然言われた。

一福屋食堂の酒井福枝さん

シーンは、酒井さんが、客の寅次郎に酒を差し出し話かけるところ。因島弁がでなくて標準語になってしまったと苦笑する。6・7回も撮り直しがあった。

男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎 映画では、傷心の寅次郎が、大浜町のフェリー桟橋近くの「おでん屋」一福屋食堂にやってくる。食事を終え、女将に軽口をたたきながら勘定を済ませ、外に出たところでレオナルド熊の扮する熊さんにバッタリ再会。因島大橋工事現場で働いている。近くには再婚相手のあき竹城が笑っている。

このロケは、昭和58年11月20日の因島大橋渡り初めの日にあった。当時、松竹の申し入れに驚いた酒井さんは、「本当にえーんね」と聞き返した。「監督が、ここが良いと決めたんです」との返事。岡山の瀬戸大橋の現場にも行ったが、気に入らなかったという。

ロケ・ハンティングのために向島町の津部田にやってきた山田監督が、真向かいに見えるしまなみビーチ一帯がひと目で気に入った。

寅次郎役の渥美清さんの印象が忘れられない。最初は気難しい雰囲気に見えたが、撮影後、「フェリーがなくなったら商売あがったりで困るねー」と気軽に声をかけ、スタッフには「このおでん、食べてみてごらんよ。他所ではたべられないよ」と、すすめた。

渥美さんの一周忌に、テレビ朝日のワイドショー「スクランブル」の追悼特集の取材班がやってきた。やはり他の撮影地より因島が良いと言っていたという。

関連記事
NPOシネマ尾道 因島で出前上映会 12月9日土生町 中央駐車場多目的ホール

【PR】創業をお考えの皆さん 尾道地域中小企業支援センターをご利用ください

創業支援総合相談会(相談無料・要予約)

【日時】
2018年12月18日(月)10:00~16:00
【場所】
尾道商工会議所
【対象】
◎新しく事業を始めようと考えている方
◎開業して3年未満で経営に関する疑問をお持ちの方
◎第二創業や新分野への進出を検討されている方
【申込期限】
12月10日(月)
【支援機関】
尾道商工会議所、尾道地域中小企業支援センター、尾道市ほか

創業をお考えの皆さん
尾道地域中小企業支援センターをご利用ください!

◎開業のプランはどのように立てればいいのだろう?
◎開業するための資金を調達したい!
◎開業時に使える融資制度や補助金はないだろうか?
◎ITを使って生産性の向上を図りたい

新規創業の事業計画策定支援・資金調達計画書の作成支援・各種補助金申請支援などを行なっています。三原市や世羅町など近隣市町からのご相談もお待ちしております。

【お問い合せ先】
尾道地域中小企業支援センター(尾道商工会議所内)
〒722-0035尾道市土堂二丁目10-3
TEL0848-22-2165
FAX 0848-25-2450
担当マネージャー佐々木・村上(敦)