因島の栄枯盛衰を物語る日立会館ビルの取り壊しが始まる

日立造船城下町因島の栄枯盛衰を物語る日立会館ビルの取り壊しが始まった。昭和32年(1957)7月完成したこの会館敷地は遊漁、農耕船の「船だまり」だった。いまから50年前の話だから記憶に残っている人たちも多い。

日立会館ビルの取り壊し風景

夏には飛び込み台が据えられてプール代わりに水泳大会も開かれていた。その船だまりに松材を打ち込んでビルの基礎づくり。地下1階、地上5階の娯楽とショッピングのビルが出現した。1・2階は日立生協店舗、3・4階は映画館、5階は多島美や旅客船が行き交うロケーションが展望できるレストラン・宴会場。

広島県東部初のエレベーター試乗に福山方面から来島する家族連れもいた。映画館も石原裕次郎がデビュー間もないころで大繁盛。日立造船マンならお嫁にやろうという時代。結婚式場も華やいだ。タンカー一隻進水すれば独身寮が建ったといわれたころの話。

栄華を謳歌したのも1986年まで。そして奈落の底から今、30年ぶりの新造船復活のきざしに因島の姿はどう変わるのだろうか。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282