夢は大相撲入り 尾道市立土生小6年 谷中尚くん(12)

「自分より身体の小さい相手にまけた」と悔しがる「わんぱく相撲全国大会」(8月、両国国技館)でベスト32になった、土生小6年の谷中尚(なおき)君。体重93キロ、身長170センチの堂々たる体格である。母泰子さんは、「小さい子やお年寄りにやさしい普段の性格が、勝負の場面でも出ているのではないか」と振り返る。

谷中尚くん

本人は「相撲大好き、プロをめざす」ときっぱり。当面の大会は、中庄八幡奉納相撲(14日)と12月9日国技館で行なわれる全日本小学生相撲大会。平日は、中庄八幡相撲場で大人相手に稽古を繰り返し、土日は全国大会に向けて竹原市に行き、仲間と練習に汗を流す。全国大会ではベスト8が目標だ。

生まれたときは体重3,000グラム、身長50センチの標準的な赤ちゃんだった。ところが母乳と粉ミルクを標準の3倍も飲み干し、お腹がすくと大声で泣き出した。この食欲の旺盛さに普通より数カ月はやく離乳食に移ったという。

とにかくよく食べ走り回って遊ぶ子だった。保育所から柔道、小学1年からサッカーを始めた。今年から相撲が加わった。中学からは相撲一直線。3人兄弟の真中。兄と妹がいる。母とともに祖父母が応援している。とりわけ練習も大会も母と二人三脚である。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00