県議選終ってみれば現職 投票率は県下トップ77%

平成15年の県議選は現職4期の松浦幸男と因島市長3期の岡野敬一氏の「大物対決」。現職は8年ぶりの選挙。挑戦者の新人は前回の市長選で苦杯。巻土重来を秘め県政を目指し名乗りをあげた。

現職陣営は、よもやと思われた奇襲に慌てて対応。前哨戦は不安がらみの組織再編成に奔走した。企業支援は現職に有利。さらに自民党の亀井静香前政調会長の声がかりを後押しにした

中盤ごろまでは挑戦者のキメ細かい草の根選挙の方がリードしていたかのようなムードだった。その理由の一つに企業支援の上滑りが指摘された。危機感を受けた現職が異常なまでのシメつけと企業のメンツにかけてもという最後の追い込みをかけたのが功を奏したといえよう。投票日午後5時のNHKの出口調査で51%対49%という情報をキャッチ。棄権防止の投票依頼で最後まで気を抜けなかった激戦模様だった。

終って見れば「現職当選」という結果だが、各所で虚々実々の戦いが演じられた県議選だった。

【表】県議選投票結果

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282