因島外浦町石切宮創建55周年で伊勢大神楽

本因坊秀策の生誕の地、尾道市因島外浦町にある古儀神道本庁「因島石切宮」が創建55周年を迎える。これを記念して出雲市に本拠を置く伊勢大神楽(木村利太夫家元一行)が13日午前10時40分から外浦保育所広場で奉納されるという。

伊勢大神楽が備後地方の瀬戸内海島しょ部にやって来るのは旧正月ごろ。大神楽の由来は代神楽に置きかえると理解しやすい。江戸時代にお伊勢詣りできない人のために無病息災、家内安全のお祓いをしてお礼(ふだ)を配り、代わりに神楽を奉納することから代(大)神楽というらしい。今でもその伝統を継いで教祖の社中が主に西日本各地を訪れている。

大神楽は獅子舞と曲芸の二つで構成され、獅子が悪魔を退治。お清めをしたあと家屋やかまどをお祓いしたあとの獅子の頭噛みのご利益は人気がある。祭りやイベントの演目に「総舞」というのがあって放下芸師(曲芸)とチャリ師(道化師)によるスリル溢れる芸は観客を巻き込んで楽しませることだろう。日ごろ厳しい親子孫の伝統芸に期待したい。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00