瀬戸田郵便局で認知症講座開催

認知症への理解を広める活動をしている「尾道市認知症キャラバン・メイト連絡会」は3日、瀬戸田郵便局で認知症サポーター養成講座を開いた。

認知症サポーターは、症状を正しく理解し、当人や家族を見守る役割を持つ。尾道市は8年前から、その要請に取り組んでおり、1万2713人(平成26年12月末現在)の認知症サポーターが誕生している。

郵便局は高齢者の訪れる機会が多い。印鑑や通帳の管理、ATM機の操作などへの局員の丁寧な対応が求められている。

講座に参加したのは瀬戸田地区の局員16人。キャラバンメイトのメンバーが、認知症の高齢者が郵便局を訪れる寸劇を披露。DVDを鑑賞。

最後に、局員が実際に高齢者に対する模範的対応を実演した。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282