見えてこない因島の将来図 危惧される通過点としての「やまなみ街道」

このところ旧因島市の将来図が見えてこなくなった―という声を耳にすることが多くなった。尾道市へ合併するまではある一面で統廃合によりムダがなくなり道州制度への道が開けてくると単純に考えていたが、そうは問屋がおろさなかった。

むしろ、ムダをはぎ取ると、またムダが出てくるお役所のシステムはどこまで続くかトカゲの尻尾切り。その尻尾切りのシワ寄せを地方がかかえるのだから先が見えぬわけである。

これでは地方都市をチェックする立場の首長議員もやりにくい。有権者からボロ議員と無能呼ばわりされ投票率は下がるばかり。どうやら住んで良かったと思える郷土づくりに何かを忘れてはいないだろうか。山にへばりついて建っている瀬戸内海沿岸の島しょ部。狭いアクセスロードなどのほか社会インフラ整備が必要。東洋のエーゲ海だと天から授かった多島美を誇っていると尾道市は全国に遅れを取り、忘れ去られ尾道松江線(中国やまなみ街道)も山陰―四国への通過点になりはすまいか。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282