広島の原爆で死亡した故松下秀一郎さん墓前先輩の麓さんらが祈り

被爆70周年の8月6日が近づく26日、被爆死した、上島町弓削の故松下秀一郎さん(修道中学校・14歳)の墓前に先輩の麓忠義さんら関係者が祈りを捧げた。

墓参は、本紙が弓削商船高専学芸部の「芸予に残る被爆犠牲者の足跡」を連載したことをきっかけに実現した。

麓さんらは、故秀一郎さんの弟の松下拓さんの案内で墓地に向かい、線香をたむけた=写真

麓さんと親交があり、学生たちの聞き取り調査を教授として指導した松下邦幸さんも墓参に参加した。

麓さんらは、原爆で重傷を負った一年後輩の秀一郎さんを広島市から弓削島の実家に連れて帰った。

DSC04621

DSC04627

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282