春の統一地方選 尾道の動向 市長選・市議選・県議選

尾道市長選挙 平谷、吉井両氏の対決

任期満了に伴う尾道市長選挙(4月19日告示、26日投開票)は、現職の平谷祐宏氏(61)と広島県議会議員の吉井清介氏(56)の対決の様相を呈している。

平谷氏は昨年の12月議会で3選出馬を表明。2期の実績に踏まえて、中国横断自動車道尾道松江線の全線開通を機にした尾道新時代の幕開けに相応しい第一歩を踏み出すと語る。

吉井氏は、広島県議3期12年の経験を活かし、自分にしか出来ない尾道市政をめざすと語る。昨年末の出馬会見で、尾道市の医療環境に「このままでは崩壊する」と危機感を表明した。


定員3人減 尾道市議選

定員が3人減り、29人になった尾道市議選も市長選と同じ日程で実施される。

現職は、村上弘二氏(因島田熊町)がすでに引退表明をしている。さらに複数の議員が不出馬を考えているという。

新人は現在のところ、3人が出馬の準備を行なっており、1人が出馬の検討に入っている。尾道地区の大崎延次氏(56)=西則末町と駄賀弘二氏(60)=天満町、因島地区の星野光男氏(42)=因島中庄町が出馬を決めている。因島田熊町の岡野斉也氏(35)が出馬を検討している。


広島県議選は現職中心

広島県議選(4月3日告示、12日投開票)の尾道市選挙区は定員が1減で3人。現職の金口巖氏、高山博州氏、松浦幸男氏が中心になる。現在のところ他の出馬の動きはない。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282