瀬戸田シトラスパークリニューアル 観光公園へ

平成の市町村大合併の積み残し案件のタイムリミットが過ぎようとしている。広島県は造船業界の構造的不況の一助として「海島博」を開催。県東部にスポットを当てた。その時の知事は竹下虎之助氏だった。

島根県大田市出身で山陰海岸と比べると波おだやかな瀬戸内海に心誘われ、破天荒にのみ込まれようとしていた造船業界に新風を吹き込もうとしたのが「園芸ベルト構想」だった。まず、向島に洋ランセンター。因島フラワーセンター。瀬戸田(生口島)は世界の柑橘を展示、園芸を計画した。

日本初の柑橘のテーマパークの建設費用は広島県と旧瀬戸田町で約54億円。だが、一過性の観光地に終り2003年に運営していた第三セクターが解散。1999年度の52万2千人をピークに下降。2004年度同町が入園無料化に踏み切ったが激減の一途をたどり2006年1月から合併先の尾道市の管理、運営が注目されていたが、合併条件の積み残し案件に手を加えシトラスパークリニューアルで観光公園として再出発することになった。

(村上幹郎)

瀬戸田シトラスパーク

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282