芸予に残る被爆犠牲者の足跡【8】

終戦70周年記念特集 弓削商船高等専門学校学芸部の調査・研究
芸予に残る被爆犠牲者の足跡【8】

商船学科 濱本桂太(4年)、森光勇介(4年)、滝川鉄也(3年)

おわりに

商船学科の松下邦幸先生と今回調査対象となった松下秀一郎さんは従兄弟である。洋上講座の受講生だった因島・大浜の麓さんが、偶然に当時弓削丸の機関長であった松下邦幸先生と松下秀一郎さんのお墓参りをしたという話をしたことがきっかけで、松下秀一郎さんと松下邦幸先生が従兄弟であることや、麓さんと松下秀一郎さんが同じ修道中学校の先輩・後輩であったこと、また、麓さんが瀬戸田町出身の有名な平山郁夫画伯と同級生だったことなどいろいろ話がふくらみ、そして、本校学芸部が戦後六十年というタイミングでこの話を調査・研究することになり、「芸予に残る被爆犠牲者の足跡」として、不十分ながらもここにまとめることができた。

本稿をまとめるに当たり調査にご協力いただいた麓忠義さん、赤尾四郎さん、木下良一さん、並びにご指導、ご助言をいただいた商船学科松下邦幸先生、多田光男先生にはこの場をお借りし、感謝の意を表したいと思います。

(終わり)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282