因島高校体育大会 生徒290人が躍動 はじける若さが魅力

因島高校体育大会が27日同校グラウンドで開催された。その日は快晴で、日差しは夏を思わせる強さであった。

体育大会は、同校にとって2学期の中心的な行事である。職員や生徒の意気込みが見学する側に伝わってくる。生徒290人が躍動し、若さが弾けた。

保護者席が準備されており、満席になった。来賓席には、地域を代表する田頭俊彦因島区長連合会会長、江嶋昭吉因島高校同窓会会長、村上富男同副会長、柏原功PTA会長、巻幡伸一尾道市会議員らの姿が見える。

開会式、準備体操につづいて100メートル走。やはり体育大会は走る競技が中心である。他にもクラス対抗スウェーデンリレー予選と決勝、クラブ対抗リレー、学年対抗リレーの3種目があった。

スウェ―デンリレー

300メートル走の迫力

そのなかでもスウェーデンリレーは凄かった。それはメドレーリレーとも言われ、第一走者が100メートル、第二走者が200メートル、第三走者が300メートル、アンカーが400メートルというように、走る距離が増えていく。

因島高校の場合は少しアレンジして、確かそれぞれ距離を縮めていた。それでもアンカーは300メートル。その走りぶりは迫力満点であった。

綱引き

おなじみのプログラムもしっかり用意されている。玉入れ、障害物競走、着付競争、綱引き、百足競争など。布刈瀬戸渡し、アルピニスト、メイポールダンスはどちらかと言えば新競技なのか。

メイポールダンス

3年生男子全員による跳躍運動は注目の的。マット運動である。最初は基礎的なものだが、終わりに近づくと体操部のレベルの演技が連続して披露され、拍手喝采。

体育大会は学年対抗の形で進行し、1位が1年、2位が3年、3位は2年という結果に終わった。
大会受付に聞いてみた。

この日、保護者、卒業生、元教師、同校に進学希望の中学生ら300人が訪れたという。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282