田熊小学校閉校記念誌協力のよびかけが始まる 気になる「考える人」像

来春統廃合して再生する尾道市立因島土生、三庄、田熊の3小学校「因島南小」は土生中学校跡に統合される。その準備として体育館の改築や給食調理場の新築など4月上旬の一般競争入札で約7億7000万円で2業者(共同企業体)と仮契約しているが全国的な建設業界の人手不足もあって工事を約一カ月前倒しする方針を検討している。

IMG_4579
尾道市立田熊小学校の「考える人」像(1967年撮影)

一方、田熊小学校では田熊公民館(電話0845-22-0537)を窓口に「閉校記念誌」製作委員会をたちあげ創立百五十年に及ぶ同小の歴史を残す写真・資料の協力を呼びかけている。

気になるのは卒業生が還暦祝いに寄贈した同小正門左にあるロダンの彫刻「考える人」=レプリカ=など田熊小の廃校跡のどこかに残して欲しいという声は多い。

戦中派の人たちは男女を問わず江戸末期の篤農家、二宮尊徳=にのみやそんとく・たかのり=(金次郎)の芝を背負って本を読んでいる銅像に頭を下げて登校したものだ。それが敗戦後はがらりと変って「考える人」。明治、大正、昭和、平成を生きた先輩の置き土産である。

(村上幹郎)

IMG_4578
尾道市立田熊小学校の「考える人」像寄贈式の様子(1967年撮影)

IMG_4580

IMG_4588
尾道市立田熊小学校の運動会の応援している様子(1977年撮影)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282