春の甲子園 広島新庄高校が初戦を突破

春の甲子園大会で県北の広島新庄高校が初戦を突破。野球王国「広島」の常連選抜校の地図が塗りかえられた。


同校野球部の創部は1928年というから87年になる。5年後の33年夏の県予選に初出場、広島商に0―47で大敗。レベルの違いから戦後しばらくは軟式で部活動の時代が続いた。72年に硬式に復活、甲子園への道がつながったが、山間辺地の練習環境などハンディも多く各大会で初戦敗退を繰り返していた時代が続いた。

2007年秋、広島商高野球部監督として実績のある迫田守昭さんを新庄高の監督に迎えることになり過疎地の学校に"夢"が描かれた。町をあげて甲子園への道をひた走った。チームの強化は当然のことながら屋内練習場などが整備され、11、13年の夏の広島大会では決勝に進出というチームに育った。昨秋の中国大会では準優勝、夢の甲子園選抜に出場、5日の第一試合には北広島町の町民らがバス33台で甲子園へ応援に駆けつけアルプス席は2000人の応援団が乱舞した。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282