短編小説ショパンの調べ【6】地蔵鼻

海のすぐ傍に、真水の出る深さ1メートル位の不思議な井戸がある。その、水の浜の砂浜を歩き乍(なが)ら、英雄と静子は地蔵鼻岬へと、向かっていた。

地蔵鼻(因島三庄町)

地蔵鼻(因島三庄町)

かつて村上水軍が、岬で沖合を通る船の見張りをしていた所、1隻の船から琴の音色が聞こえて来た。若武者達は、この船を襲い、姫を連れ返って来たが、酒の相手をさせようとしても、泣くばかりで遂に、切り殺してしまう。それからというもの、夜な夜な、その岬に女のすすり泣きが聞こえ、気味悪がった男達は、地蔵尊を掘って供養したという。

この地蔵岬は、特に女の願い事を良く叶えてくれるという事で、結婚して何年目かに、子宝に恵まれた人や、子供が元気で成長する様にと、思う人達の祈りで年中、線香の煙りが耐えないという。

高さ2メートル位の、丸い石に掘られた地蔵尊は、岬に有りながら、台風にあっても、流される事もなく、長い年月、島民の生活を見守り続けていた。

「静ちゃん、何をお祈りしたの?」

「どんな事があっても、英雄さんと一緒になりたいって…」

「この間の見合いは、勿論断ってくれたんだろ」

静子は見合いをして、2、3日おいて母を通じ、叔母に断って欲しいと言っていた。母もその心づもりで、すぐ静子の気持ちを叔母に伝えたのに、叔母は相手にどんな返事をしたのか日下拓也から、父にダンヒルのライター、母に珊瑚の帯留め、静子にサンローランのバック等を、次々とプレゼントしてきた。

叔母に、こんな品物は受け取る訳にいかないから返して欲しいと言った所、今更、恥を欠かす気かともの凄いけんまくで怒った。

どうやら叔母は、静子の意思を伝えずに、色よい返事をしていたのではないかと思えた。

英雄が心配するだろうから、そんなイキサツになっている事を、静子は話さずにいたのである。

松本肇(因島三庄町)

[ PR ]ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00