7カ国10人が日本語スピーチ大会 ベトナム文化と民族衣装「アオザイ」

尾道市近隣在住の外国人による「第13回日本語スピーチ大会」と交流会が1月26日尾道市総合福祉センターで開催され、およそ150人が集まった。主催は、国際交流ボランティア・フィーラス華と尾道市国際交流推進協議会。

スピーチに参加したのは7カ国の10人。アメリカ2人、中国2人、ベトナム2人、韓国1人、インドネシア1人、オーストラリア1人、ドイツ1人。


dc0130123 研修生、実習生、留学生語学指導助手という立場から、日本での生活体験、尾道の印象や母国の文化などを日本語で語った。

また、尾道高校に留学中のオーストラリアのセリーンさんが、振袖着付けの実演を行った。

テーマと参加者は次の通り。

「日本に来て思ったこと」=グェン・タン・トゥアンさん(ベトナム)▽「きものと私」=セリーン・ワトソンさん(オーストラリア)=写真右▽「タコスのお店」=エリック・シムさん(アメリカ)▽「インドネシアでゆうめいなにほんのぶんかをしょうかいします」=アンディ・ムルヤナさん(インドネシア)▽「私の留学生活」=チン・リョウセイさん(中国)▽「報道」=グリフィン・マニングさん(アメリカ)▽「東京について」=エン・ク・ホウさん(中国)▽「方言について」=キム・キョンファさん(韓国)▽「日本で頑張ったこと」=フィリップ・ケルベルグさん(ドイツ)▽「ベトナム文化と民族衣装(アオザイ)」=ファム・ミン・ティエンさん(ベトナム)。

フィーラス華

国際交流や文化活動を通して尾道市近隣に住む外国人を支援する目的で1996年に設立された。

主に陶芸教室、バーベキュー交流会、日本語スピーチ大会、国際理解講座(演奏会、料理教室、卓話など)を行ってきた。

代表・浜中喜久子TEL0848-24-9292


ベトナム文化と民族衣装「アオザイ」

因島鉄工研修生ファム・ミン・ティエンさん(22)

dc0130119

私のなまえは、ティエンです。出身地は、ベトナム・ホーチミンから車で500キロほど山へ入ったおそろしい山賊がでる村です。日本へきて2年半になりますが、家族は両親と妹の4人です。趣味は、日本のマンガを読むことで、好きな本は、「ONE PIECE」です。

私は、いま因島鉄工で船体ブロックの溶接をしています。日本は暑いときと寒いときがあり、しんどいですが、会社の皆さんがやさしく、しんせつにしてくれるのでガンバッテいます。

私の日本へ来た目的は日本の溶接技術を学ぶだけでなく、日本語を勉強して将来ベトナムの日系企業ではたらきたいと思っています。

できればベトナムから日本へ来ている可愛い女の子と出会い、たくさん貯金をして結婚もしたいです。じつは、先ほど彼女からやっと、「いっしょに暮らそうよ」というメールが入ったので「めちゃめちゃうれしい」です。

次にベトナムについて紹介します。首都はハノイ、最大の都市はホーチミン、国土は日本と同じくらいで、人口は9200万人です。

過去の歴史は悲しい出来事ばかりでした。フランスの植民地支配や、1973年までベトナム戦争が続いていましたが、パリ和平協定により、戦争は終結しました。
しかし、国の失業率は40%となり、生活はたいへん苦しく貧乏ですが、みんな明るく陽気です。

ベトナムと日本は、音楽とかスポーツを通じた文化交流もひんぱんにおこなわれ、2009年日本から皇太子殿下が来られました。私もベトナムと日本の間の架け橋になりたいです。

それでは、今日のテーマであるベトナムの伝統的な服装「アオザイ」について紹介します。ご覧下さい。モデルはベトナムからおうえんにきてくれた私のお友達です=写真
日本では着物、韓国ではチマチョゴリ、中国ではチャイナドレス、そしてベトナムと言えば「アオザイ」です。

ベトナムの服装はいろいろ変わってきましたが、「アオザイ」は昔のままで、襟の長さとか裾の長さが変る程度で、「アオザイ」と「黒いズボン」を組み合わせて仕事するには軽くて動きやすく、わかい人にもお年寄りにもみんなに愛用されています。

昔は男性もこの「アオザイ」を着ていましたが、今はほとんど女性のみとなりました。また最近ではいろいろなデザイン、生地のアオザイがあり、より大胆でよりセクシーでよりきれいに見える「アオザイ」が流行り、村の祭とか結婚式で「ノンラ」という帽子をかぶると、「アイドル」と間違えるほど美しくスマートに見えます。

私はいつもこの「アオザイ」を着た彼女を抱きしめたいと思っています。日本から飛行機で約7時間、ベトナムへ旅行のときは、お土産にこのアオザイを必ず買って帰って下さい。彼女にプレゼントするときっと「大好き」とよろこんでくれると思います。

最後になりましたが、私は日本が大好きです。帰国してもまた行きたい国は日本です。皆さんたいへんやさしく、町はきれいで、どこへ行くにも便利です。女の子はスタイルがよくて、可愛い人ばかりです。でも物価が高いので度々遠くへお出かけはできません。

日本のみなさん本当にありがとうございました。

dc0130137

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282