盛り上がりに乏しい県議選

第16回統一地方選挙が22日、13都道府県知事の告示で幕を明けた。小泉政治が残した地域間の格差表面化した財政危機への対応etcが争点。平成の大合併を終えた地方自治の在り方が争点になっているが、広島県知事は改選期でなく県議会が任期を終え30日に告示、10日間の選挙戦のあと4月8日投開票、有権者の審判が下される。

知事選がない広島県のビッグ選挙は政令市の広島市長選、25日に告示されるが前職に参議院、元市議ら新人を含む4人が挑む情勢。しめくくりは最も有権者にとって身近な首長、市会議員選挙。4月15日告示、22日投開票で4年ごとの統一地方選挙は終る。7月には参院選挙が待ち受けている。

平成の合併で新尾道市を選挙区とする県議―市長・市議選は各候補ともとまどいがち。旧2市3町の有権者12万6千票の投票率、当確ラインの皮算用がしぼり込めないのが実状。なかでも争点がはっきりしない県議選はいま一つ盛り上がりに乏しく、合併後の定数、立候補予定者の名前も浸透していないありさまだ。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282