盛り上がりに乏しい県議選

第16回統一地方選挙が22日、13都道府県知事の告示で幕を明けた。小泉政治が残した地域間の格差表面化した財政危機への対応etcが争点。平成の大合併を終えた地方自治の在り方が争点になっているが、広島県知事は改選期でなく県議会が任期を終え30日に告示、10日間の選挙戦のあと4月8日投開票、有権者の審判が下される。

知事選がない広島県のビッグ選挙は政令市の広島市長選、25日に告示されるが前職に参議院、元市議ら新人を含む4人が挑む情勢。しめくくりは最も有権者にとって身近な首長、市会議員選挙。4月15日告示、22日投開票で4年ごとの統一地方選挙は終る。7月には参院選挙が待ち受けている。

平成の合併で新尾道市を選挙区とする県議―市長・市議選は各候補ともとまどいがち。旧2市3町の有権者12万6千票の投票率、当確ラインの皮算用がしぼり込めないのが実状。なかでも争点がはっきりしない県議選はいま一つ盛り上がりに乏しく、合併後の定数、立候補予定者の名前も浸透していないありさまだ。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00