瀬戸の潮騒と食文化求めイタリアン料理オープン トレ・バンビーニ(尾道市因島田熊町)

イタリアン料理に魅せられてイタリア旅行を重ねているうちにとりこになった夫妻=写真=が33年ぶりに夢がかない因島でレストランをオープン、話題となっている。

dc111517

旧姓岡野洋子さんは田熊小、中、因島高校卒後、大阪の料理専門学校辻学園に進みイタリアへの道を選んだ。ここで主人の太田孔二氏と出逢い結婚。一男二女の子育てと料理研究に熱中の日々が続いているうちに歳月が過ぎ、間もなく50歳に手がとどくことに気が付き、少女時代に夢見たどことなくイタリアの港まちにムードが似ていた因島田熊港に白羽の矢を立てた。主人は金沢生まれだったが波がおだやかな瀬戸の島々が織りなす港まちの風景に魅せられて妻の意見に従った。

かつて、みかん船や島しょ部の野菜の集荷場として栄えた田熊港。ここから青雲の志を抱いて船に乗って出発した青少年や瀬戸の花嫁。島の人にとっては思い出深い港の岸壁もコンクリートで包まれ静かなたたずまいの中にナポリの都の港まちを切り取ったレストランが誕生した。

目標は旧因島市役所北側の田熊港沿いに無造作に架けてあるイタリアの国旗。名付けて「トレ・バンビーニ」。シェフの願いは「癒(い)える空間づくり」をモットーに因島へUターン。戦後進駐軍が広めたケチャップ昭和の味がナポリタンブームに乗り上々の滑り出しのようだ。

トレ・バンビーニ
〒722-2324 尾道市因島田熊町5437-48 TEL0845-25-6246

IMG_5263

IMG_2132

IMG_5259

IMG_5254

IMG_5260

IMG_5250

IMG_5261

dc111504

IMG_5266

IMG_5274

IMG_5262

IMG_2162

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282