因島にマリンアクティビティの拠点を「スローベースしまなみ」丸山邦夫さん(尾道市因島三庄町)

昨年2月因島に移住してきた丸山邦夫さん(52)が、マリンアクティビティの拠点を作りたいと尾道市因島三庄町千守湾沿いの一軒家にSLOW BASE @Shimanami(スローベースしまなみ)をたちあげ、カヤックツアーのサービス提供をしている。無人島ツアーも計画中である。

中高生がカヤック体験

春休み最中の4月1日、尾道市因島三庄町の中高生たち10人がSLOW BASE @Shimanami(スローベースしまなみ)のカヤックツアーを体験した。ライフジャケット(救命胴着)をつけてカヤック(カヌー)に乗り、同町千守湾内を探索。途中上陸して流木の木登りをしたり貝を拾ったり、普段では経験できないことをいろいろ体験するツアーとなった。

「波が体感できて楽しかった」「濡れたのも楽しかった」「三庄ってこんなところがあるんだなあ」と参加者は感想を語っていた。

【問い合わせ】
SLOW BASE @Shimanami(スローベースしまなみ)
尾道市因島三庄町 / TEL 090-6853-7569 / 公式ツイッター

三庄の海に魅せられて移住

丸山邦夫さん

名古屋市出身の丸山さんは、30年間東京において携わってきたメディカル医療機器メーカーでの仕事に区切りをつけて、セカンドライフのステージは「ぜひとも瀬戸内海・穏やかできれいな海で」と移住先を探していた。

2020年12月23日、移住先を探してまずは岡山県瀬戸内市牛窓まで。そして初めて来る尾道へ。翌日24日、レンタカーでしまなみ海道を渡り因島に入った。予想以上に島の雰囲気は活気づいているようにみえた。

因島重井町のいんのしまペンション白滝山荘に宿泊。「海の近くで暮らしたい。探している」とオーナーに何気なく話したところ、紹介されたのが因島三庄町千守湾沿いの現在の家である。

丸山さんは「クリスマスイヴの奇跡」だと飛び上がらんばかりに喜んだという。自分が望んでいる「海」が目の前にある。歩けばすぐに「海」がある。「こんな暮らしがしたかった」「釣りもできる」…。第二の人生は、マリンアクティビティの拠点を因島三庄に作りたいと夢はふくらんだ。そして翌年(2021年)2月に移住して来た。

 

 

因島のオリジナル野菜 しまなみリーフを全国へ

丸山さんには「たからじまファーム」アグリ事業部で、因島でのみ栽培しているオリジナル葉物野菜「しまなみリーフ」の栽培と販売という仕事もある。これまでの仕事で培ってきたマーケティングの考えで販路拡大も自分の得意分野。

造船ブロック製造を行っている株式会社岡本製作所を母体企業とする「たからじまファーム」は、農業をビジネス化して地域に貢献をしていこうと始まった。

無農薬・路地栽培を特徴とする葉物野菜「しまなみリーフ」は、因島を発信地として尾道・福山・広島へと販路を拡大し、ゆくゆくは全国展開をめざしたいという。

しまなみリーフ公式ホームページ

[ PR ]ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00