早いもので美術館10周年と喜寿を迎えた平山郁夫さん

早いもので美術館10周年と喜寿を迎えた平山郁夫さん。昭和5年(1930)6月15日生まれというから間もなく満77歳の誕生日を迎える。

還暦を過ぎたころと記憶しているがパーティーの乾杯のさいグラスに口をつけられなかった。あとで聞いたことだが「55歳の時、スパッとやめた」という。壁画の仕事であと10年。70歳までは50代の状態を持たさなきゃいけないと節制を始めた。それに元来、きらいな方でないから一杯が二杯になるから時間が惜しい。

それにどんな所でも、いくらでも飲めるようになっていた。しかし、酒も飲み、面白おかしくふるまい、その上で仕事もやるという若いころならともかく、この年になると無理。仕事というのは、ハングリーでないとできない。やりたい放題やっていると、いざというときに集中力が持続しない。

修道中学時代の同級生で因島大浜町の麓忠義さんによると「郁さんはいまでも腕立て伏せを毎日50回している」と聞く。2人とも被爆手帳を取っていないが「被爆を忘れてはいない」と口を結ぶ。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282