因島で見た野鳥【128】トビとハシブトガラス

写真①は、静かに並んでいるトビとハシブトガラスである。

写真①トビとハシブトガラス

利害の対立が無く、互いに無視しているのであろう。因島で見るハシボソガラスとハシブトガラスでは、ハシブトガラスが大きいが、トビはハシブトガラスよりずっと大きい。

ハシブトガラスは3歳ぐらいから繁殖可能となり、ペアで縄張りを獲得してから、繁殖する。縄張りの大きさは、餌の豊富さにもよるが、おおよそ300メートル四方程度である(松原始「鳥類学者の目のツケドコロ」ベレ出版2018年7月25日)。

縄張りへの侵入者には、鳴き声で威嚇し、それでも逃げないときには実力行使におよぶ。

トビは、カラスの雛などを捕食することもあり、カラスにとっては天敵で、しかも、どちらも雑食性で餌も取り合うため、ハシブトガラスは、縄張りに侵入するトビを実力行使で排除しようとする。2羽のカラスの攻撃に逃げまどうように見えるトビをよく見るが、カラスが必死に縄張りを防衛している姿であろう。

カラスは、群れでトビの獲物を横取りすることもある。横取りの場面に遭遇したので紹介する。トビが、岸壁の上で獲物を食べているところに、5~6羽のハシブトガラスが集まって来て、鋭く叫んだ(写真②)。

写真②トビの獲物を横取りしようとするハシブトガラス

トビは獲物を足で押さえたまま、隙を見て近づくカラスに嘴で攻撃して撃退し、こう着状態が続いたが、写真③のように、1羽のハシブトガラスが姿勢を低くして、トビの尾羽を引っ張った。

写真③トビの尾羽を引っ張るハシブトガラス

気付いたトビが振り向いた瞬間、ハシブトガラスがのけぞった(写真④)。

写真④トビの反撃に飛び上がるハシブトガラス

ハシブトガラスの顔が引きつったように見える。

もし、トビが恐怖を感じていたら、本連載【123】のホオジロのように尾羽が抜けたであろうが、抜けなかったようである。逆に、トビがハシブトガラスの尾羽を咥えたら、抜けたかもしれないと思った。(2月12日・記)

文・写真 松浦興一

因島で見た野鳥【123】ホオジロ 尾羽が無い

[ PR ]瀬戸田で唯一の天然温泉

しまなみ海道生口島サイクリングロード沿いに建つ、島で唯一の天然温泉を持つゲストハウスです。

サンセットビーチの砂浜に面し、1,000坪の広大な敷地には、四季折々の花が咲き誇ります。部屋や温泉からは瀬戸内海に浮かぶ『ひょうたん島』と、美しい夕日を楽しめます。

素敵な旅のお手伝いができる日を楽しみにお待ちしています。

PRIVATE HOSTEL SETODA TARUMI ONSEN
瀬戸田垂水温泉
広島県尾道市瀬戸田町垂水58-1
☎ 0845-27-3137
チェックイン 16:00 〜 20:00
チェックアウト ~9:00