参院選夏の陣を控え広島選挙区に波紋

 参院選夏の陣を控え、全国有数の激戦区の広島選挙区(改選数2)に波紋が広がっている。日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による従軍慰安婦発言が中国地方で唯一擁立を決めた広島選挙区の立候補予定者、日本維新の会新人、灰岡香奈氏(29)陣営はみんなの党との選挙協力解消という逆風が吹いている。


 自民現職の溝手顕正氏(70)は5選をめざし「安倍政権の成果を堂々とアピールできる」と慰安婦発言を静観する。
 あと1議席が混戦。前回、衆議員候補から参議院へ鞍替え、民主党から出馬、国民新党亀井静香後援会の協力もあって初当選した佐藤公治氏(53)。今回は生活の党から再選をねらうがポスターは小沢・亀井が両脇をかためた佐藤氏は「政策を愚直に訴える」と亀井―ホリエモンの激戦に巻き込まれた時の心境をふりかえる。
 一方、民主党県連が擁立する新人森本真治氏(40)はみんなの党との連携を模索。共産党新人の皆川恵史氏(69)、幸福実現党新人日高順子氏(50)らが挑戦する。
(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00