ふるさとの史跡をたずねて【238】黄幡神社(因島大浜町黄幡)

黄幡神社(因島大浜町黄幡)

河野静夫先生の顕彰碑からそのまま山道を上がると、幸崎城跡で芋神様として食饒神社が祀られていることは本連載第62回で書いた。そこを南西に向かって降りる。斎島神社の本殿の裏側あたりを西へ抜けると黄幡(おうばん)神社がある=写真㊧

ちょっと見ただけでは、集会所か、ひと昔前の公民館のような印象であるが、よく見ればやはりお宮である。斎島神社のすぐ隣であるので斎島神社の境内神社か、あるいはかつては同じ敷地内であったものかなどと考えていたら、電柱の隣に社地の寄付碑があるので、全く別のものだとわかる。

黄幡神は方位神の八将神の一つで、武芸には吉、移転普請は凶とされる。その方角は十二支によって決まっていて、子年は辰(東南東)、丑年は丑(北北東)という具合だ。その年に、この方向に土地や石を動かすのは凶と言われる。戦いの方は、この方角に対して戦いを挑めば必ず勝つとも言う。

社地寄付碑の隣に久保田権四郎氏の寄付碑があった。大正14年7月のもので「一、金百円 久保田権四郎」とある=写真㊨

現在の建物は昭和55年に改築されたもので、地区の集会所としても使用されている。

写真・文 柏原林造

[ PR ]ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00