生口中、東生口小、南小 役割を終え学校を閉じる 新しい出発へ記念行事

4月からの統合を前に、生口中学校66年、東生口小学校115年、南小学校140年の歴史を閉じた。23日と24日、3校の閉校式と記念行事が行われた。平谷祐宏尾道市長、檀上正光尾道市議会議長、内海龍吉同副議長ら多数の来賓が出席した。生口中は瀬戸田中に、東生口小と南小は瀬戸田小に統合される。

生口中学校

生口中学校閉校式

23日午前9時30分、体育館で閉校式が始まった。在校生と卒業生、保護者、地域住民、関係者200人がつめかけた。

重盛有宏校長は、「言い表せない寂しさを覚えます。わが校の校風を胸に新しい風を起こすことを願います」と述べた。

生徒を代表し原田陸君が思い出と新しい出発の決意を語った。写真は校旗収納式の場面。

その後の記念行事で、同校の卒業生で全日本バレーボール中学校選手権大会に出場した中原康久さんが講演を行った。

東生口小学校

東生口小学校 ジャンボ巻寿司づくり

閉校式に200人出席。木本三津子校長は、「地域とともに子どもの生きる力を育んできた学校でした。その伝統を生かしてほしい」と挨拶。児童代表の小田大輝君は、地域に感謝し、東生口っ子として前進することを誓った。

主な記念行事は、全校児童数に因んだ43メートルのジャンボ巻寿司づくり。校舎の2階廊下が会場になった=写真

保健推進員や住民、児童保護者、教師ら80人が心をひとつにして巻き上げた。出来あがったものは記念行事の出席者にふるまった。

南小学校

南小学校 和太鼓「秋色の空に」

閉校式に200人出席。國當信幸校長は、「本校の最後の一年間に勤務できたことを誇りに思う。新しい学校でがんばってほしい」と述べた。児童代表の原田仁君が、思い出を宝物にして頑張ると決意表明した。

和太鼓演奏と合唱で記念行事が始まった。8年間受け継がれてきた和太鼓「秋色の空に」を3・4年生=写真、尾道市優秀校に選ばれた合唱曲である「空へ」を5・6年生が披露。

卒業生である弁護士の國政道明さんが講演した。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282