「社会を明るくする運動」入選作文【13】犯罪と向き合う

尾道地区保護司会(小川曉徳会長)が行った第70回「社会を明るくする運動」作文・標語コンテストで表彰された作文を掲載する。

犯罪と向き合う(中学校の部 尾道市入選作品)

向島中学校1年 奥悠姫さん

私達の身の周りでは、毎日のように犯罪が起こっています。私は今まで犯罪をおかすのは何の利益にもならないのに、どうしてしてしまうんだろう、一度反省したはずなのに、どうしてくり返してしまうんだろう、と思っていました。しかし、もっと犯罪についてよく知り、きちんと向き合っていくことが大切だと考えるようになりました。

世の中では、犯罪をおかした人のことを、「後先何も考えてない。」と言っていることもありますが、考えていないことはないと思います。例えば、今、目の前に人が立っていて、その人を殺してしまったとします。殺してしまった理由が「ただ目の前に人が立っていたから。」ということがあるでしょうか。犯罪をおかしてしまった人には、必ず何か動機があるはずです。感情や心情、人間関係など、たった一つの変化があればそれは動機となり、犯罪を起こす原因となります。しかし、それは事前に防ぐことはできなかったのでしょうか。

犯罪をおかす人は、感情が高ぶったり、現状にたえられなくなったりして実行します。でもその人のとなりに、たった一人だけでいい、心によりそってくれる人が居たら、その人はふみとどまることができたはずです。自分の気持ちをしっかり聞いて受け止め、はげまし、支えてくれる、大切な人が居たら、その人は変われたかもしれないのです。だから犯罪をおかした人だけではなく、その人の心によりそうことができなかった、ちょっとした変化に気付くことができなかった私たちにも責任があると思います。犯罪をおかさないためにも、常に大切な人と支え合いながら生きていく必要があると考えます。

犯罪にはたくさんの種類があり、刑の重さも違います。ですが、一度おかしてしまった罪はとり消すことができません。罪は重さではなく、おかしてしまったという事実が大切です。そして、あの人はおかした罪が重いからダメ、ということではなく、結局はその人自身がどれだけ自分のおかした罪と向き合い、どれだけ反省しているか、それが重要なのです。一度罪をおかしてしまえば、誰にも助けを求めることができません。その中でどれだけ自分を変えようと努力をするかが自身の再発、及びこれからの生き方を考えることにつながると思います。

私達が悪かったことはたくさんありましたが、第一に自分自身をコントロールする力を身につけることが必要です。言っていることが矛盾してしまいますが、感情にまかせて行動すると、犯罪をおかそうと思わなくても、そのような結果を招いてしまうことがあります。そうならないためにも、日ごろから自分自身をコントロールして、犯罪をおかさないように心がける、そういった一人一人の意識を高めることで犯罪を防止することができます。

はじめに私が犯罪をおかした人について、何の利益にもならないのに、どうしてしてしまうのか、一度反省したはずなのに、どうしてくり返してしまうのか、という二つの疑問を持っていたと述べました。しかしその二つの疑問は、きっと一つの答えにつながる、私はそう思います。何の利益にもならないのにという疑問は感情が高ぶったり現状にたえられなくなったりするからだと述べました。では、もう一つの疑問はどうでしょうか。自分のおかした罪とどれだけ向き合い、どれだけ反省しているかが重要というのも先ほど述べましたが、反省の種類は多くあります。心から反省して新しい人生を歩もうとする、全く反省の色を見せずに犯罪をくり返すなど、人によってちがいます。それが犯罪の力とはおそろしいもので、どれだけ反省しても一度罪をおかしてしまったことから犯罪をくり返してしまうこともあります。そんな時、どれだけ自分自身との戦いで戦い抜くことができるでしょうか。

少しでも心がゆらぐと、犯罪をくり返します。

このように、疑問の二つとも感情、気持ちの変化で大きく変わる、それをコントロールすることが大切、という答えを導き出しました。もしかしたら、たくさんのふくせんを引いていくと、どれもこの答えにたどりつくのかもしれません。

ここまでで、私は自分の考えや意見、思いなどをたくさん述べてきました。その中で、やはりもう一度よく考えなくてはいけないなと思う点がいくつもありました。私たちの課題、犯罪をおかしてしまった人たちの課題がたくさん見つけられたと思います。

相変わらずこの世界は、犯罪が絶えず起こっています。しかし、少しずつ変わっていけるはずです。私たち人間が犯罪とどう向き合い、どう対応していくかがこれからの平和な世界をつくりあげていく上で大切になっていくだろう、私はそう確信しています。

第70回「社会を明るくする運動」作文・標語コンテスト 中学生の部表彰者の皆さん

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00