田熊八幡宮で安政柑祭り 特産柑橘と菓子即売会など

3月31日(日)午前10時から12時まで因島田熊町の亀甲山八幡宮境内で第2回安政柑(かん)祭りが開かれる。

862350_10200730433003978_2014989183_n


安政柑が発見されたのは今から約140年前の安政年間(1851―60)に田熊町東区有金栗の岡野末吉さん宅。この地方は徳川幕府中期より柑橘類の栽培が盛んで南方貿易や長崎、鹿児島から果種実生樹が植栽されていたと伝えられる。

樹はブンタン(ザボン)類としては大きくない。葉が大きく、色も濃い。樹上で越冬させ袋掛けして3―4月にかけて採取、販売する。採取後、10日以上経過すると肉質が軟らかくなり糖度13度。酸1度になり瀬戸田町の耕三寺参道などでは1個売りの土産品として人気がある。

その元祖である田熊町の生産者が近年になって活性化の一助になれば、と安政柑発祥の記念碑=写真上=を建立、鎮守の田熊八幡宮で感謝祭を開くことになった。当日は柑橘にちなんだお菓子や安政柑大福(限定販売)などがある。

 

昨年の安政柑祭りの様子↓

P1070497

P1070506

P1070475

f0098002_21262988

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00