続・井伏鱒二と因島【9】その作品に表現された「因島」

前田貞昭氏は前掲出のなかで、人口推移を挙げながら

「井伏が滞在した大正10年(1921)秋から大正11年(1922)年春においては、戦後不況の波を被って、因島工場・備後工場を併せた大阪鉄工所の職工数は最盛期の4割弱程度に落ち込んだと見られ、更に軍縮の影響も懸念されていた。とはいえ、職工数は大正9年(1920)当時の水準は当時の水準を維持する小康状態ともいうべき状況であって、三庄町の現住人口・入寄留人口の推移を辿ってみても、好景気の余波が完全に去ったわけではない。懸念を抱きながらではあったが、小用・神田・家老渡といった三庄町南部の歓楽地はそれなりに賑わっていたと見られる」

と述べている。前田氏は、更に

「三庄町(村)の人口は、大正3年(1914)・大正4年(1915)の頃から急激に伸びたものであって、その歓楽地域も僅かな歴史しか持っていないことも強調しておきたい。狭隘な空間に形成された俄仕立ての歓楽地域であればこそ、地域図で確認してきたようにそこから一歩外れれば、田園風景が広がったのであった」

とも述べている。最後に、前田氏は

「井伏の回想記・随筆類においても、井伏が因島に滞在した大正10年(1921)から大正11年(1922)という特定の歴史的時間の中を因島に生きる人々の生活やその意識を捉えようとする視点は認められないのである。そこに登場する因島の人々は、井伏の眼前に広がる風景を形成する一点景・一要素として捉えられていたと言ってよい。これについても、結論だけを言えば井伏の側から一方的に眺められる。そして、歴史性を持たない"風景"として、因島は存立したと言えばよいであろうか」

と結論づけている。

0701260003
1930年頃の三庄小学校周辺(岡本馨氏蔵)

dc042734
井伏鱒二全集(筑摩書房、全28巻)編集者のひとりである兵庫教育大学大学院(兵庫県加東市)前田貞昭教授。

(石田博彦)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282