般若心経夜空に木霊 鯖大師境内で寒修行

一年中で一番寒いといわれる小寒の夜。天狗山テレビ塔中腹にある鯖(さば)大師堂境内は老若男女の唱える般若心経が木霊(こだま)した。

254612_10200162038434469_1875592933_n
般若心経を唱えながら寒修行に集う信者たち。(この他の写真はコチラからご覧ください。)


ここの鯖大師は因島土生町の因島病院前の路地にあった弘法大師像といっしょに昭和52年5月、所有者の了解を得て現在地に移転した。当時は経済成長期にあって「島四国八十八霊場」の番外地としてお参りする人が後をたえなかった。ところが少子高齢化がここにもしのび寄り、近年になって、お接待など世話をする人が高齢化、信者も車がないと手伝いもできなくなった―と、残念がる。

いま一つ。日本中で有数の大きさを誇る弘法大師像と小さな堂=写真右=の中に安置される鯖大師の石仏。信者は識別しているが一般市民や観光客の目にとまる大師の強い像がイメージに焼きつき化身である鯖大師像のご利益を軽んじているのでは―という声もでている。

創建者の村井才吉さんは子孫を戒め世の中の安穏を願っての建立だが、その心を継ぐ人たちも数が減るのが心配だと眉をひそめる。

そして、鯖大師の解説を石ぶみに刻んだ因島田熊町浄土寺出身で京都・醍醐寺の座主に登りつめた麻生文雄さんは身なりの乏しい旅僧に鯖を与えなかった漁夫に不漁の罰(ばつ)を与えたというお諭(さとし)を解説しているが、故文雄さんはバチをあてるほどの力があった大師の力を力説されていた。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282