因島で見た野鳥【91】ノゴマ

ノゴマ

スズメ目ヒタキ科の一種で、全長15.5cm。眉斑と顎線は白く、背面はオリーブ褐色で下面は白い。

オスの喉は美しい赤色で、メスの喉は白いが淡い赤色のものもいる。写真(2020年10月26日撮影)は、遠くの葦の根元あたりを素早く飛び回る野鳥を見て、ウグイスかもしれないと思い撮影したものである。不鮮明な写真ではあるが、赤い喉をしていることから、ノゴマのオスと断定できる。

ノゴマは、夏季に中華人民共和国やロシアなどで繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する。北海道でも夏鳥として渡来し繁殖することがある。写真のノゴマは、越冬のために南へ渡る途中に、旅鳥として立ち寄ったものと思われる。

野にいるコマドリの意味でノゴマと呼ばれているとの解説を見ることがあるが、「鳥名の由来辞典(菅原、柿澤)」によると、安土桃山時代から「のごとり」の名で知られ、江戸時代から「のご」、「のごま」と呼ばれるようになった。コマドリに似ていることから、「のご」がノゴマになったとしている。英名は、「Siberian rubythroat」で、シベリア生まれの(Siberian)ルビー色した(ruby)喉(throat)の鳥の意味であろう。

春から夏にかけて「縄張り宣言」で「ホーホケキョ」と鳴くオスのウグイスも、秋にはメスと同じように、低草木の周りを「チッチッ…」と鳴きながら飛び回るので、赤い喉を見なければ、目視でノゴマとウグイスの識別をする自信は、筆者にはない。(2020年12月10日記)

写真・文 松浦興一

[ PR ]因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282