因島・尾道商工会議所会頭 新年の抱負

「アフターコロナを見据えて」因島商工会議所会頭 村上祐司氏

昨年発生した新型コロナウイルス感染症により、経済活動や国民生活は甚大な被害を受け、ウィズコロナポストコロナに対応すべく社会システムの変革は急速に進みつつあります。

管内では、今後基幹産業の造船業への影響が表面化し深刻視される中、当所においてはコロナ対策に沿った事業計画にアップデートし、行政と連携した中小零細企業への支援に注力するとともに、アフターコロナを見据えた対策として企業のデジタル化の推進、SDGSの一環としてのサイクルツーリズムやオンラインツアー観光等に積極的に取り組んでいます。

この度のコロナ禍は大変な災いですが、発想を変えれば、地方への移住・定住のきっかけともなります。また革新・変革への強力な推進力と考えることもできます。当所中期行動計画「革新と変革を成長の原動力に」をさらに積極的に推進します。

地域経済の振興に全力を 尾道商工会議所会頭 福井弘氏

コロナ禍に明け暮れた令和2年が過ぎ去りましたが、明けた令和3年も暫くはコロナと共生する日々となりそうです。中小・小規模事業者の皆様にとりましては、苦境から脱せぬ厳しい状況が続きます。尾道商工会議所と致しましては、引き続き会員事業者の皆様のご支援と地域経済の振興に全力で取り組む所存です。

何事も永遠には続かず、コロナとて例外ではありません。将来に光明を照らすワクチン実用化の見通しも出て来ております。皆様におかれましては、苦難が通り過ぎるのを辛抱強く待つばかりでなく、ウィズコロナの環境下でのビジネスの在り方、アフターコロナの新しい時代を見据えた事業展開を考える機会と捉え、変革に取り組んでくださいますようお願い致します。

一日も早くコロナが終息し、今年が良き一年となりますよう祈念申し上げます。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282

Previous article

地元県議新年の抱負