土生港売店の経営交代 50年の歴史に区切り 新体制で営業を継続

船の乗降客だけではなく多くの市民に利用されてきた、土生港売店の経営者が1日、交代し、新体制による営業が始まった。


9月30日まで身体障害者協会が営業

土生港港湾ビルは、現在尾道市が管理している。因島市時代の昭和54年、因島身体障害者協会が一階待合所に売店を出店した。長崎港時代を加えると、およそ50年になる。

同協会の関係者は、「長い間お世話になりました。会員一同心より感謝申しあげます」と語っている。

尾道市監理課によれば、替りの経営者がすぐ見つかり、休業なく売店を継続できたという。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282