駆け出し記者時代に政治部の先輩から敗戦国日本は北海道と東北はソ連、関東はアメリカ、九州は中国領に分散されてしまうところだったと聞かされてきた。戦争に敗ければ国土を占領され植民地にされても仕方ない。もしも日本がそうなっていたらと思うと、ぞーっとする。


 大東亜戦争の戦前の日本の植民地政策は台湾がうまくいっていたのに対し、朝鮮はぎくしゃくし、抗日運動も厳しかったと聞く。その反動が激しかったのが南北朝鮮の抗日派だった。戦後は戦勝国をふるまい日本の警察官も手を焼いた。
 そうしたなかでの李承晩ラインの取材はくやしい思いばかりだった。領海内での操業をしていた日本漁船が拿捕され文句なしに韓国釜山港の警備艇に連行され、漁船・漁具とも略奪されていた。浜田海上保安部の巡視船「のしろ」が、小さな韓国艇に領海侵犯の疑いで連行されたこともあったが大砲、銃の装備があっても使用できないので無念は計りしれない。がまんの子をいつまで続けるのだろう。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282