ねんりんピックソフトテニス 監督をかねて初出場 岡野修七さん(84)

ねんりんピック宮城・仙台大会(10月13日~16日)に、広島県代表7人の監督と選手として出場する。昭和17年、旧制尾道中学に入学してテニスを始めたが、まもなく剣道、柔道、銃剣術しかできない時代になった。戦後、土生高校(現在の因島高校)でテニスを再開し、県大会の準決勝にまで進んだ。

昭和33年Uターン後、50歳からソフトテニスをはじめた。田熊ソフトテニスクラブに所属。因島ソフトテニス連盟会長などを歴任。この間、各種の大会で優勝するなど、実績を積んだ。

今回のねんりんピックは初出場。最高齢者賞を狙うという。毎日2時間の練習をつづけ、ランニングなど下半身鍛練に怠りはない。

「肥料屋の息子で、小学校5年から重い肥料袋を担いできたのが、足腰強化に役立ったのではないか」と笑う。因島田熊町在住。かどや保険事務所代表取締役である。趣味は旅行。

ねんりんピック

60歳以上の高齢者を中心とするスポーツ、文化、健康と福祉の総合的祭典である全国健康福祉祭りの愛称。厚生省創立50年を記念して昭和63年(1988)に開始されて以来、毎年開催されている。ゲートボール、卓球、テニスなどの各種スポーツ競技や美術展、音楽、文化祭などの文化イベントや健康福祉機器の展示、子どもフェスティバルなど、あらゆる世代が楽しめる。2000年ひろしま大会で因島市は囲碁会場となった。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00