因島南地域の小学校統合問題 むずかしくなる祭りの運営

先日、小中学校の統廃合問題の激論に出くわした。還暦を迎えるグループと古希を過ぎた年金ぐらしの高齢者、40歳代の代弁者たちの思いつきの会話である。


このところの全国的な傾向にある少子化の波による児童生徒数の激減はいちじるしい。かつて、ピーク時に1学年8学級もあった土生小が、今は1学級編成がやっと。

因南中学へ土生・三庄・田熊の3校を統合したが小学校となると旧町民の伝統習慣にかかわってくる。例えば厄年の同級生の厄祓いや還暦、古希なども旧町村の鎮守の八幡宮で集うのが習わしだ。ところが、小学校の統合により秋祭りの運営もむずかしくなる。例外なく島の老若男女は祭り好きである。しかし、小中学が町から無くなることでお宮さんへの求心力が衰えることは間違いなく神社の存続に影響してくる。

こんなときに尾道市は、しまなみ自然学校を開き長江小と土生小を組み合わせて弓削沖でタチウオの延縄(はえなわ)漁の体験。何を学んだか興味深い。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282