新藤監督を偲び瀬戸田で企画展

5月29日に100歳で逝去した新藤兼人監督を偲ぶ企画展が、瀬戸田図書館で6月末日まで開催している。同町には、盟友であった俳優の故殿山泰司さんの実家がある。監督は1990年、自らが脚本を書いた映画「ドンマイ」の撮影のために因島を訪れた。そのときに写した、鏡浦町の姉の墓参り、宿舎の白滝山荘、講演会などでの写真、礼状、色紙が目を引く。

dc062225


展示されている関係書籍は次の通り。青春のモノクローム▽さくら隊散る▽いのちのレッスン▽ボケ老人と野良ネコチャー君の対話▽午後の遺言状▽愛妻記▽正伝殿山泰司三文役者の死▽ある映画監督―溝口健二と日本映画▽新藤兼人の足跡▽講座日本映画▽新藤兼人仕事に生きる▽世界の映画作家―日本映画史▽アートシアターパンフレット。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282