老健施設「ビロードの丘」5月14日入所開始 通所リハビリ好評

image_print印刷用レイアウトを表示

因島医師会介護老人保健施設「ビロードの丘」(岡崎純二施設長)=因島中庄町1955(TEL0845-24-1209)=が14日、入所を開始した。鉄筋コンクリート3階。療養床数80(4人床室19、個室4)。入所サービスと定員40人の通所リハビリを提供する。通所は1日から始まっており、因島・生口島から来所が目立ち、好評である。

因島医師会介護老人保健施設「ビロードの丘」

施設内に設けられた在宅ケアセンターは、地域包括支援▽居宅介護支援事業▽訪問看護サービス▽訪問介護サービスを提供し、介護に関する様々な相談窓口になる。

施設長をはじめ職員は65人。体制を整えながら入所を徐々に受けつけている。

隣接する医師会病院とは渡り廊下でつながっており利用者の急変時に早い医療対応が可能である。このことがこの施設の特徴だ。

病院と一体の施設

施設長の岡崎純二医師は運営理念を語った。

岡崎純二医師

「ビロードの丘」の開設で、利用者の病状や要介護状態における必要な量の支援ができる体制が整備されたと思う。病院における治療、病院から施設、リハビリテーション、在宅までの一貫したサービスが提供できるようになった。住み慣れた地域のなかで生活できるように支援することが基本である。そのために、リハビリテーション、機能回復、介護者に代わっての代行サービス、地域リハビリを提供する。