因島・尾道商工会議所会頭 新年の抱負

「魅力ある街づくり」因島商工会議所会頭 村上祐司氏

基幹産業の造船業界の一番の課題は人材不足です。いかに良い人材を集めて高い技術を伝承していくか。そのためには、魅力ある会社づくりと因島を魅力のあるものにして、「行きたい」「住みたい」「働きたい」という街づくりが必要です。

昨年6月には「因島サイクルツーリズム振興協議会」を立ち上げ、「稼げる観光」をテーマに因島南部への誘客促進を図るため、土生商店街や島嶼部と連携しながら取り組んでいます。日本遺産「村上海賊」、年々増加するサイクリストやナショナルサイクルルート認定等を追い風として、インバウンド対応を強化し、魅力ある街づくりに積極的に取り組んでいきたいと思います。

東京オリンピック、大阪万博等、節目節目で機会をとらえ、行政はじめ関係者との連携を強化し、知恵を絞って因島を元気な街にしていきたいと思います。

新たな繁栄のスタートに 尾道商工会議所会頭 福井弘氏

オリンピックイヤーとなる今年、インバウンドを含め一層活発となることが期待される広域交流のうねりを尾道にも取り込み、まちの賑わいを確かなものとし、中小・小規模事業者が稼ぎ、皆が潤い、繁栄するまちづくりを、官民一致団結して取り組みます。

尾道商工会議所第40期を機に「ひと・しごと創生」特別委員会を設立し行政・市内他商工団体と連携しながら、より個別・具体的に採用・求職を支援する準備を進めております。

また、平成30年7月豪雨災害や、昨年の台風19号による被害の記憶を風化させることなく、災害に強いまちづくり・企業づくりにも意を用い、BCPの重要性について啓蒙を継続し、プランの策定をサポートする体制を構築致します。

年初より供用が開始される新市庁舎と共に、今年が尾道の新たな繁栄のスタートの年となりますよう、粉骨砕身努力して参ります。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282